読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタな妻を持つ無趣味な中年青年オヤジサラリーマンが映画やドラマ好きの文化的な人間になるまでのブログ

こんにちは 僕は無趣味な中年青年オヤジサラリーマンです。 休日は、サウナかパチンコか寝ているだけで過ごしてます。 妻はジャニオタで毎日が楽しそうです(・・)!!! そんな私が 映画やドラマ好きの文化的な人間になるまでのブログです。 よろしくお願い致します。

大原櫻子「Little Voice(リトル・ヴォイス)」 天王洲銀河劇場

** 採点 **

 

感想!

原作のイギリス映画オモシロそう!!!!!!!

 

 

ーーーーーーー僕的採点の基準はーーーーーーーーーーーー

 

1.0 つまらない。映画館はもちろん、レンタルする価値も無し

2.0 1.0よりは良い

3.0 まぁ、時間のムダにはならないが、DVDでOK

4.0  映画館で見ても損は無い

5.0  とても有意義

 

ーーーーーーーーーーです。ーーーーーーーーーーーーーーー

「Little Voice(リトル・ヴォイス)」

2017年5月15日(月)~28日(日)(予定)
東京都 天王洲 銀河劇場
※2017年6月に地方公演を予定。

作:ジム・カートライト
演出:日澤雄介

出演

リトル・ヴォイス大原櫻子
マリー・ホフ:安蘭けい
ほか

 

大原櫻子が舞台初主演を務める「Little Voice(リトル・ヴォイス)」

2017年5月15日から28日まで東京・天王洲 銀河劇場

ジム・カートライトが手がけた本作は、自分の殻に閉じこもり、部屋から出られない少女リトル・ヴォイスが、ジュディ・ガーランドマリリン・モンローらの歌の力で、人生を切り拓いていく物語。1992年にロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターにてサム・メンデス演出で初演され、1998年には映画化もされている。

今回の上演版では、劇団チョコレートケーキの日澤雄介が演出を担当し、主人公のリトル・ヴォイスを大原、その母、マリー・ホフを安蘭けいが演じる。 

鑑賞日 5/18